ワクワク発信! 福岡古賀 WONDER CAFE

福岡県古賀市の自宅で、生命保険・料理教室・身体の教室をしています。ご紹介制のサロンです。


世界の素晴らしいところをかぞえよう。

おはようございます。
舞マガジンへようこそ。

ゴールデンウイークはどのように過ごされますか?

わたしは、明日から、4日間

身体の学校 安部塾

で、集中講座に参加してきます。
楽しみです。


実は、数日前から、歯茎が痛くて。

昨日は、一番痛くて、
痛みでしばらくしゃべれなくなるほど。

時々痛みの波が来るんですね。

こんなに痛くなったのは初めてです。

わたしは、定期的に歯医者さんで、メンテナンスとチェックをしてもらっているので、
何か大きな問題があるわけではないんです。
1週間ほど前に診てもらったばかり。

今回、痛みが出ているとことは、もともと、神経が過敏になっているところです。
歯の治療の跡が深くて、痛みが出やすい場所なのです。

少し前に気づいたのですが、ここの状態が悪い時、原因はストレスなのです。

わたしは、ストレスがかかった時、痛くなりやすい場所があります。

右肩、後頭部、左ひじ、左ひざ、左の坐骨神経、です。

すべてが同時に痛くなるわけではないんですが、
調子が悪い時、どこかが痛くなる感じです。

今回の痛みで、また、痛みについて深く考える機会になりました。

このビデオも見直しました。




わかっているようで、わかっていないなあ、と再認識。


このビデオの大切なポイントをまとめてみます。

①痛みには、急性の痛みと慢性の痛みがある。
急性の痛みは治療が必要だが、慢性の痛みは治療できないことが多い。


痛みは、すべて、痛い場所ではなく、脳で感じている。

③痛みの対処法は、

1.今ある悩みを解決すること

2.気を紛らわすこと。

3.毎日活発に生活すること。

4.一人でやってうまくいかないときは、誰かにたすけてもらうこと。



実は、今回の痛み、原因はわかっているんです。

ここ最近、長く目をそらしてきたある課題に取り組む、と決めたのです。

ずっとやり残していたことです。

向き合うことが怖かったからです。

それに、向き合う、と決め、取り組み始めたのです。


歯の痛みを通して、わたしは、自分が感じている心の痛みを知りました。

身体の痛みと、心の痛みは同じものなのです。


悩みや課題ややり残したことに向き合っていき、
終わらせていくこと。

それがどんなに大切か、感じた今回の歯茎の痛みでした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


WONDER CAFE 舩越 舞
811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com



おいしい、楽しい学びの講座スケジュール2017年4-5月
メールマガジンのご案内
保険の見直しは人生の見直し





世界の素晴らしいところをかぞえよう。

おはようございます。
舞マガジンへようこそ。

2017年4月28日~30日、四国に行ってきました。

わたし、文理さん、妹の子どもたち2人。


夜9:55 小倉港出発。

フェリーに車を乗せて行きました。

トラックドライバーさん、お遍路さん、バイカーさんが多かったです。
ファミリーは少ないですね。

フェリーには、小さめのお風呂もあります。

暖かい季節なので、甲板に出ても風が気持ちよく、岸の夜景や星も見えます。

船の旅は、結構お気に入りです。

2等大部屋でしたが、わたしたちのエリアには、ほかに誰もお客さんがいませんでした。




朝は、5時に到着。
時間があるので、途中まで高速に乗らず、のんびり行きました。

石槌神社に立ち寄りました。
朝の空気はすがすがしく、いいお天気で気持ちいい。
途中、ほら貝を持ったおじさんにも遭遇。







その日は一日、日本一の激流、吉野川でラフティング。

ラフティングの様子は、昨日の記事をどうぞ。



宿泊は、ラフティングでお世話になった、

HAPPY RAFT

のゲストハウス、「boro-ya」

HAPPY RAFT のスタッフのお家に宿泊できるのです。


高知の限界集落にある、かやぶき屋根のお家です。

終わってから、温泉に行ったので、帰りが遅くなってしまい、
着いたのは、真っ暗になってから。

真っ暗の中、先導してもらって、ついていったのですが、
とんでもなく狭い道をくねくねと登って、着いたのがここ。
(写真は朝撮ったもの)


ぼろや、ということで、どんな家かと思っていましたが、

入ると真ん中に囲炉裏があって、
天井が高くて、太い梁があって、
とても雰囲気のなる素敵なところでした。


わたしたちがくつろいでいる間に、文理さんがおいしいご飯を作ってくれます。
近くに買い物をするところがないと聞いていたので、買い物はしていきました。


みんなで囲炉裏を囲んで食べました。
土鍋で炊いたご飯と、だしから取ったお味噌汁までありました。



夜は、数えきれないくらいのたくさんの星!

そして、日本昔話の中に迷い込んだような、山の斜面にぽつぽつと明かりが。




朝ごはんも、文理さんが作ってくれました。
ゲストハウスの、オーナーさん夫婦と一緒に食べました。

奥さんは日本人で、ご主人はアメリカ人。
メキシコで出会ったそうです。

毎日、9時とか10時には寝てしまうとか。
ごはんを食べて、お風呂に入って、テレビはないので、
布団に入りながらおしゃべりしてそのまま寝てしまうそうです。

生活するのに、全くお金がかからないそうです。

畑も作っていますが、野菜や米をもらったり、
猪肉、シカ肉、鮎など食べきれないほどもらうそう。

ご主人がジョギングに行ったら、いつも、持ちきれないほど何かもらって帰ってくるとか。

ご主人は、大工さんなので、近所にちょこちょこ手伝いに行くそうです。
日本語はあまりわかりませんが、技術があるので、何とかなっているそう。

冬の間は、いつも、海外に行くそうです。

高知の限界集落の豊かな暮らしを満喫されているすてきなご夫婦でした、

もう少し、家のリフォームをしたり、ニワトリやヤギを飼ったりしたいとのこと。


最終日は、香川県丸亀市で、讃岐うどんを食べに行きました。

文理さんが調べて、ブラタモリという番組で紹介されたという、

もと山に行きました。




ここのうどんは、細めんで、固すぎず、コシもあり、
出汁もおいしかったです。



麺と出汁の温度を選べます。

「ひやあつ」がおすすめとのことで、頼んでみました。

冷たい麺に熱い出汁がかかっているのですが、
食べるときは、どちらも常温になります。

つまり、ぬるいうどんですね。

冷やすことで、麺にコシが出るのですが、ぬるいうどんなので好みがわかれると思います。
わたしは、次回からは、「あつあつ」にしたいと思いました。





帰りは、瀬戸大橋を渡り、高速で帰りました。



思いがけないメンバーでの四国旅行、楽しい思い出ができました。


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


WONDER CAFE 舩越 舞
811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com



おいしい、楽しい学びの講座スケジュール2017年4-5月
メールマガジンのご案内
保険の見直しは人生の見直し



世界の素晴らしいところをかぞえよう。

おはようございます。
舞マガジンへようこそ。

日本一の激流、吉野川へラフティングに行ってきました。

今回のメンバーは、妹の子どもたち2人と文理さん。

これは、一度、体験したほうがいいと思います。


RIMG1676


4月の吉野川は、まだ寒いので、日本人のお客さんが少ないそうで、
今回は、半分くらいが米軍の海兵隊の方でした。


RIMG1675


ラフティングは、3月から10月までできるそうですが、
おススメは、8月のこと。

水量が多く、気温も水温も高いので、激流を一番楽しめる季節だそうです。

4台のボートに分かれて進みます。


IMG_7728


4月でまだ、水量が少ないとはいえ、こんな感じ。

IMG_7691


IMG_7740


IMG_7784


川で、サーフィンという遊びをします。
まるで、洗濯機に回されているようなかんじです。




途中で、ビルの3階の高さからの飛び込みもできます。
子どもたちと文理さんは挑戦しました。





川でぷかぷか浮いて遊べる時間もあります。

RIMG0774


みんな、途中、ボートからバク転したり、
ボートから降りて、激流に流されたりしていました。


わたしは、ボートから落ちないようにするだけで精いっぱいでしたが。

今回は、

HAPPY RAFT

さんにお世話になりました。

ガイドのコブさんは、ガイド歴10数年。

夏は吉野川、冬はニュージーランドでラフティングガイドをしているそうです。

10数年、やってても全然あきない、
本当に楽しい、

と、全力で楽しませてくれました。

子どもたちも可愛がってくれ、二人とも大喜びでした。

image


自分の気持ちと体力の限界を超える、貴重な体験でした。

また、挑戦してみたいです。

四国での旅行記は、明日も続きます。


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


WONDER CAFE 舩越 舞
811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com



おいしい、楽しい学びの講座スケジュール2017年4-5月
メールマガジンのご案内
保険の見直しは人生の見直し


↑このページのトップヘ