日刊 舞マガジン〜世界の素晴らしいところをかぞえよう〜

福岡県古賀市の自宅で、生命保険・料理教室・身体の教室をしています。このブログを読んだ方が、世界のすばらしいところを数えるきっかけになれればうれしいです。私の家に遊びに来てくださいね。一緒に学びましょう。


世界の素晴らしいところをかぞえよう。

おはようございます。
舞マガジンへようこそ。

昨日は、わたしの学ぶ、

身体の学校 安部塾 の 安部 吉孝先生が、

初めての長いお休み(1週間ですが)から、復帰され、 久しぶりのレッスンでした。

昨日は、

「足」

について学びました。




足の解剖、使い方、動きに与える影響など。

足指を使えないと、首が悪くなります!

とか、

足首を回すと、関節が壊れます!

とか、知らないと怖いことがたくさんあります。



足の雑巾しぼり、

足でイモムシ、 

など、楽しいエクササイズも習いました。早速レッスンで取り入れます。

その後!グループレッスンで、こんな動きも。

関節や筋肉をひとつずつ、丁寧に使うと、こんなに美しいポーズが出来ます。



足について、学び、正しく動かした後は、足指がしっかりと使え、身体を支えてくれてることを実感でき、立つことや歩くことがとても楽になりました。


1週間のお休みを終えられた先生は、最後に

「死と再生」

の話をしてくださいました。

「死」とは、終わらせること、けりをつけること。

人は、人生の中で、何度も「死」を体験しています。

それは、たとえば、入学と卒業、成人式、結婚、出産など、

節目のイベントもそうだし、

毎朝、眠るとき、起きるときも、死と再生を繰り返しているのです。

毎日、しっかりと死んでしっかりと再生すること。

始めたことは、きちんと終わらせていくこと。

これをできる人の人生は健全です。

小さな死と再生を大切にできないと、本当に死にたくなったりしてしまうそうです。

「始めたことを終わらせる」

このことは、最近、とても大切だと気づいたいたことでしたので、先生のお話がありがたかったです。 


やりかけのこと、

やりたいのにやっていないこと、

があると、頭の中に、ずっとそのことが残っているので、

「やらなきゃ」

という気持ちが頭から離れず、精神衛生上もよくないし、

これは、コンピューターでいうと、処理中のアプリが無数に立ち上がっている状態のようなもので、

脳の性能が落ちてしまい、
目の前のことに、全力で取り組むことができません。

非常に効率が悪いです。

やりかけのことをきっちり終わらせていくことなしに、今を大切に生きることはできません。

良かったら、この記事も参考にどうぞ。

「今ここ」がなぜ大切か? 


やり残していること、やりかけのこと、

早めに取り組んでいきましょう。


昨日の安部先生のレッスンで、とても大きな気づきがあり、新しい身体の感覚を得て、今日の朝、新しく生まれ変わりました。

昨日までの私は、もう死にました。

生まれたての、心地よい身体で、今日の夜から、四国に行ってきます。

 今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


WONDER CAFE 舩越 舞
811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com



おいしい、楽しい学びの講座スケジュール2017年4-5月
メールマガジンのご案内
保険の見直しは人生の見直し


世界の素晴らしいところをかぞえよう。

おはようございます。
舞マガジンへようこそ。


「自分の気持ちを大切にする」

自分の気持ちを大切にするって、どういうことでしょうか?

あるできごとがあったとします。

それに対して、感情がわきます。

その感情を、ありのままに感じることができているでしょうか?

わいてきた感情は、その時、望まない、感じたくない、感情かもしれません。

例えば、つらい、苦しい、さみしい、かなしいとか。

もしかしたら、それは、理想の自分にふさわしくない感情かもしれません。

例えば、こんなことで怒るわたしダメ、とか、こんなことで落ち込んでちゃだめ、とか。


自分を大切にするとは、自分に生まれた気持ちから目をそむけない覚悟を持つことです。

どんなにつらくて、感じたくない気持ちがあっても、

どんなに理想の自分とはかけ離れたダメな自分だと感じる気持ちでも、

全てをありのままに受け止める練習をしましょう。


生まれてきた感情を、

「ポジティブ」と「ネガティブ」

に分けるくせ。

わたしは、ずっとそうしてきました。今でもやってしまいます。


自分の気持ちを、徹底的に観察するのです。

もしくは、徹底的に対話するのです。

「なぜ、その感情が生まれたのか?」

には、

「私は、何を信じているのか?」

つまり、自分の思い込みが反映されています。

この、思い込みはとても強く、ほぼ、瞬間的に思考を介さずに感情を生み出します。

自分が、どんな思い込みによって、感情を生んでいるのか?

それを、掘り下げてみます。


自分の思い込みって、怖いです。

主に、親や家族、それから、周りの大人などの影響で、子どものころに植えつけられたものです。

思い込みに向き合ってみましょう。

もしかしたら、おかしいくらい、

支離滅裂だったり、
極端だったり、
決めつけすぎていたり、
根拠がなかったり、
悲観的過ぎたり、

するかもしれません。

向き合ってみないと気づかないのです。

もし、必要のない思い込みだと気づいたら、やっと、信念を書き換えることができます。

信念を書き換えない限り、自分の本当の気持ちに気づくことはできません。

自分の気持ちを大切にする、って、地道で、時間がかかる作業です。

あきらめずにやってみましょう。

見える世界が変わりますよ。

良かったら、この記事もどうぞ。

コツコツと思考の改善に取り組む

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


WONDER CAFE 舩越 舞
811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com



おいしい、楽しい学びの講座スケジュール2017年4-5月
メールマガジンのご案内
保険の見直しは人生の見直し



世界の素晴らしいところをかぞえよう。

おはようございます。
舞マガジンへようこそ。

すごい雨です。
今日は、友だちの引っ越しを手伝いに行くのですが。
大丈夫かな?


「結果ではなく、原因になろう」

この言葉は、わたしの原点、「神との対話③」
の中の言葉です。

神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ
サンマーク出版
2002-06


神との対話シリーズは、何度も何度も読み返した、わたしの原点です。

始めて読んだ時の衝撃を今でも忘れることができません。

わたしの知りたかったことがすべて書かれてあったからです。


「原因ではなく、結果になろう」


今、目の前で起こっていることは、すべて、過去の自分の選択の結果です。

まずは、それを受け入れること。

このことは、わかっているようで、わかっていないのです。

「じゃあ、すべて私が悪いの?」

違います。いいも悪いもありません。選択の結果なだけです。

もし、望む結果を得ようとして、今、まだ得られていないのなら、

得られない選択をしているだけ。

望む結果を得たいのなら、今すぐ、選択しなおせばいいだけ。

すぐに手に入るって面白くないんですよ。

なかなか手に入らないものを手に入れたいんです。きっと。

だから、なかなか手に入らない経験って、素晴らしいんですよ!

苦しい、悲しい、腹が立つ、ネガティブと言われる感情もまた、素晴らしい。

だって、感情って、自分だけの定規みたいなもの。

幅が大きいことは素晴らしい。

ポジティブもネガティブも同じ幅しか感じられないのです。

だから、いっぱい悲しめるなら、いっぱい喜べるということ。

豊かな感情、万歳!


「結果ではなく、原因になろう」

あなたは、どんな未来を描き、そのために、どうありますか?

今の自分が、未来の自分の原因になります。

どうありますか?
何をするかではなく、どういう自分でいますか?

神との対話、久しぶりに読み始めたので、今日はこんなお話をしてみました。

明日は、自宅で、

「心と体の取説講座」


初めての方が来てくださいます。

とっても楽しみです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


WONDER CAFE 舩越 舞
811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com



おいしい、楽しい学びの講座スケジュール2017年4-5月
メールマガジンのご案内
保険の見直しは人生の見直し







↑このページのトップヘ