日刊 舞マガジン〜世界の素晴らしいところを数えよう〜

福岡県古賀市の自宅で、生命保険・料理教室・身体の教室をしています。このブログを読んだ方が、世界のすばらしいところを数えるきっかけになれればうれしいです。私の家に遊びに来てくださいね。一緒に学びましょう。


世界の素晴らしいところを数えよう。

おはようございます。

舩越舞ウェブマガジンへようこそ。 



身体の学校 安部塾 で学び始めて3年。

ほぼ毎回新しい発見があり、心と身体が喜んでいます。


先週またまた、すごい発見があり、

今週のレッスンでシェアしています。


それは、

「人は笑うようにできている」

ということの気づきです。



わたしたちは、解剖学的に正しく舌を使い、あごをはめると、


口角が上がるのです。


口角って、上げるものではなく、上がるものなのです。


さらに、口角だけでなく、

ほっぺたの筋肉も上がり、おでこの筋肉も引き上げられ、

顔全体がリフトアップします!


上げようとしなくても、勝手に上がります。


つまり、人間はもともと、笑うようにできているのだ、

と身体で感じました。



先週、舌の使い方と、かみ合わせ、正しいあごの使い方を学びました。

その日から、自分ですべてやってみました。



数日で、かみ合わせが変わり、

今までのあごの位置が間違っていることに気が付きました。


舌も上げる意識はしていたのですが、あごの位置が間違っていたのです。


(安部先生のブログ画像を使わせていただいています)
安部先生ブログ

安部先生ブログ2



それから、食べるときの、舌とあごの使い方も教えていただいたのですが、

これはきっと、わたしだけではなく、多くの方が間違っていると思います。


これは、人間の歯の作りを見れば、一目瞭然なのですが、

32本の歯のうち、奥20本が、臼のような作りになっています。



だから、食べ物は、臼のように回しながらすりつぶす作りなのです。
(生の肉や魚や野菜などは、前歯を使います)

そして、あごの関節は、球関節なので、



八の字を描くように、縦と横のらせん運動で動くのです。


わたしもそうでしたが、多くの方は、

あごの関節を、ちょうつがいのように使い、上下に動かしているのではないでしょうか?


あごを上下に動かして、あごの関節をちょうつがいのように使っていると、

歯にはかむ度、衝撃がかかり、歯や歯茎にダメージを与えます。


すりつぶすためのつくりになっているものを、

たたいて押しつぶすように使ってはこわれてしまいますよね。


身体は、用途外使用絶対禁止なのです。

解剖学を学ぶ意味は、

身体のつくりを知れば、使い方は、一目瞭然だからです。

この構造だから、こう動かすしかない、

と、見ただけでわかることがたくさんあるのです。


わたしの生徒さんたちは、一般の方ばかりです。

ですが、骨や筋肉を見てもらい、使い方を説明すると、

理解していただけます。


人は、本当に理解したことだけしかできないのです。

わかっているけどできないのは、わかっていないからなんです。

だから、わかるまで勉強・練習すればいいのです。



ちなみに、昨日の夜の自宅レッスンは、

講義  1時間

実技  20分

でした。

(いつもこうではないですが、最低30分は講義に時間を取ります)

理解して動かなければ意味がないからです。


理解してから動けば、短時間でもしっかりと効果を感じていただけます。


昨日の講義の時間は、

昨日の記事に書いた、

身体が壊れる使い方、壊れない使い方


について、説明した後、

舌の使い方、あごの使い方を説明しました。


昨日のクラスは、60代後半から70代の方がほとんどなのですが、

みなさん、

自然に口角の上がり、顔全体が引き上げられて、

とっても素敵な笑顔に変化され、とてもうれしかったです。


わたしが学んだこと、

学んで実践して変化したことをみなさんと共有できることが幸せです。


今日も、わたしの学んだことをお伝えしたくてワクワクしています。

ワンダーカフェに遊びに来てくださいね。

わたしと一緒に学び続けましょう。

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ワンダーカフェジャパン
舩越舞

811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com



ワンダーカフェのおいしい、楽しい学びの講座スケジュール2017年3-5月




  











世界の素晴らしいところを数えよう。

おはようございます。

舩越舞ウェブマガジンへようこそ。



身体が壊れるのはなぜでしょうか? 



けがをするなどの外的な原因がなく、身体が壊れること。


例えば、


腱鞘炎(けんしょうえん)で手首を痛める、

ひざに水がたまる、


五十肩で痛くて腕があがらない、


などなど。


なぜ、特に、身体に負担のかかるようなことをしていないのに、壊れるのでしょうか?



身体が壊れる仕組みは、こうです。

① 何らかのストレスによって、身体が闘争(または逃走)状態になる。

② 関節の正しい位置を感じるセンサーが正しく作動しなくなる。

③ その状態が日常化する。

④ 関節に負担がかかっても、脳が自動調整できない状態が続く。

⑤ 関節に負担がかかり続け、物理的に壊れていく。

⑥ 物理的に壊れていても、問題はないけれど、
  闘争状態が日常化した身体では、痛みを感じやすく、
  生活に支障が出る。




身体の使い方が悪いから壊れたのではありません。

もともと、人間は、関節の位置を感じるセンサーが備わっています。

間違った位置を感じられれば、自動修正してくれるのです。


間違った使い方をしても気づけないストレス状態の日常化。

それによって、

関節にある、正しい位置情報を感知する神経が鈍くなり、

ずれたり、外れたりした関節で動き続け、

その結果として、壊れてしまったのです。


人間の関節は、140年持つようにできているそうです。

それが、早い段階で壊れるのは、大問題なのです。


関節は、もともと、壊れにくい作りになっています。

正しく使えば、簡単には壊れないのです。



人間の身体は、機械や車に例えるとわかりやすいのですが、

大きく違うことがあります。

それは、人間の身体は、間違った使い方をして、壊してしまうと、

摩耗したり、割れたりした部品は、簡単には交換できないのです。



もちろん、機械とは違って、自然に修復できる力もあります。


骨が折れたら、くっつきます。

でも、関節の間のすり減った軟骨や、伸びた靭帯はもう戻らないのです。


から、大切に大切に使わなければならないのです。




では、身体が壊れないように使うには、どうすればいいのでしょうか?



① 自分の感情に敏感になる。今自分が何を感じているかをありのままに感じる。

  怒り、不安、恐怖、悲しみの感情にも敏感になる。

  その気持ちは、表現してもよいし、感じるだけでもよい。

② 感じたら、自分が向かいたい場所へ心を向ける。

  怒り、不安、恐怖、悲しみの感情を感じ続けてい人は少ない。

  喜び、楽しみ、幸せ、愛、などの望む感情に目を向け、

  それらを感じられる環境に身を置く。

③ 日常生活の身体感覚に敏感になる。

  鈍くなっているから、気づかないうちに負担をかけて壊れる。
 
  自分の日常の動きを繊細に感じ取る習慣を身に着ける。

  正しい動きをしようとすることよりも、

  心地よさや不快感、違和感、を感じることが大切。

  なぜなら、それだけでも、脳は動きを自動修正してくれるから。

④ 人間の心と身体について、正しい知識を身につける。

  自分の身体について、世界一のエンジニアになる。

  そのためには、

  解剖学、機能解剖学、生理学、生体力学、脳科学、心理学

  などを学び続ける。(学び続けなければ、到底間に合わない)


  仕事についてだったら、学び続けるはず。


  仕事に定年はあっても、身体を使うことに終わりはないのだから。


  
  自分の身体の不調は、勉強不足、練習不足、メンテナンス不足。

  もちろん、生まれながらや、幼少期のハンディキャップはある。


  しかし、どんな身体で生まれてきても、どんな幼少時代を過ごしてきても、

  今のあなたの心と身体に最大限の愛情を注ぎ、

  自分のために、学び、動き、磨き続ければ、


  あなたの心と身体は、

  見違えるほどに生き生きと輝き出し、

  比べ物にならないほど、軽やかに、しなやかに動き出す。



わたしを、輝かせるのは、世界中でわたししかいないのです。

与えられた身体と心に最大の敬意を持って、

メンテナンスし続けましょう。

人によっては、オーバーホール(分解して、掃除して、部品交換する)が必要かもしれません。
(わたしは、その過程です。)

全身ですから、気の遠くなるような地道な作業です。


それでも、わたしは、学ぶこと、動く、磨くこと、続けようと思います。


一緒に学びましょう。

ワンダーカフェでお待ちしています。

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ワンダーカフェジャパン
舩越舞

811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com



ワンダーカフェのおいしい、楽しい学びの講座スケジュール2017年3-5月




  






  

  
 

 


世界の素晴らしいところを数えよう。

舩越舞ウェブマガジンへようこそ。

昨日は、身体の学校安部塾で、ヨガアナトミーの講座に参加してきました。






今回のテキストは、この2冊です。


レイ・ロング医学博士
Under The Light Yoga School (アンダー・ザ・ライト ヨガスクール)
2011-09-30


レイ・ロング医学博士
Under The Light Yoga School (アンダー・ザ・ライト ヨガスクール)
2012-05-31

 
最近、安部塾では、このテキストを使って勉強しています。

簡単に言うと、

「ヨガを科学する」

ヨガのポーズを、

身体の仕組みを理解して、正確に行うことで、

日常生活のパフォーマンスを上げることができます。

ヨガの目的は、

例えば、

柔軟性を高めることや、

筋力を高めることや、

難しいポーズができるようになることではないのです。


ヨガの練習を通して、

身体の仕組みを知り、

意識的に身体を動かし、

心地よい身体の使い方を練習する、

のです。

ヨガのポーズのことを

「アーサナ」

といいます。

サンスクリット語で、

「心地よい、努力を必要としない姿勢」

 という意味です。


わたしは、勉強する前は、ヨガのイメージは、



 努力して、我慢して、痛みや苦しみに耐えながら、ポーズを取り、

それを乗り越えて、習得していくものだ、



と思っていたのです。



安部塾に入り、時々ヨガのポーズを使ったレッスンがあるのですが、

最初は、間違った考えで練習していたため、効果が出にくく、

苦痛な時間でした。


ヨガに取り組むときに、一番大切なことは、心構えです。

「心地よい、努力を必要としない姿勢」

を取ることを頭において練習しなければ、

全く効果を得ることはできません。


そして、

「心地よい、努力を必要としない姿勢」

に必要なことは、

「身体の構造と脳の仕組みを理解する」

ことなのです。


だから、解剖学や脳科学を学ぶことがとても役に立ちます。


わたしたちは、自分の身体について、最高のエンジニアになればいいのです。

自分の身体の専門家です。

生まれてから死ぬまで、毎日休まずに働いてくれる、わたしたちの身体。


学ぶだけで解決することがたくさんあります。

たとえば、なぜ、足首を回してはいかないのか?

この写真を見れば、一目瞭然です。





回らない構造になっているからです。

回らない構造のものを無理やり回せば、当然の結果として、壊れます。


このように、身体の仕組みや構造を学ぶことで、

自分の間違った動きを直していくことができます。


人間の身体は、車と例えるとわかりやすいのですが、

車が思い通りに動かない時、


コンピューター制御の部分が壊れているのか?

センサーが壊れているのか?

部品が割れたり、摩耗しているのか?


原因を特定して、修理しなければなりません。


人間の身体の場合は、

そのすべてが壊れて、不調が起こっていることがほとんどなのですが、
(これについては、また、次回のブログで説明します)


① 正確に関節や筋肉の構造と使い方を理解する。

② 実際に身体で確認する。

③ 正しい動きをていねいに何度も繰り返し、無意識レベルで動けるようにし、
  脳を介さない運動回路を作る。


ことによって、日常生活でも、正しい動きを落とし込めるまでになり、

間違った動きによる不調が起こらなくなり、

心地よく、努力を必要としない、

呼吸、姿勢、動き

が身についていくのです。

そして、そんなことを学んでいるうちに、

わたしは、苦手だったヨガが、好きになりました。


身体のことを学び、心地よく、努力を必要としない身体を手に入れましょう。

そのためには、学び続けることが必要です。

わたしと一緒に学びませんか?

ワンダーカフェでは、人生を心地よく生きるための様々な講座を開催しております。

よかったら遊びに来てくださいね。

今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ワンダーカフェジャパン
舩越舞

811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com



ワンダーカフェのおいしい、楽しい学びの講座スケジュール2017年3-5月




 



↑このページのトップヘ