おはようございます。ワンダーカフェの舩越舞です。

昨日は、身体の学校安部塾の2周年記念講座

感情と関節・筋肉のつながりについて

に参加してきました。


私が、安部先生に会いに行ったのは、このことが知りたかったから。

安部塾2周年記念講座の内容を聞いた時は、胸が躍りました。

2年かけて、ある程度、このことは理解できている部分もありました。

通常の講座や、今年の夏の講座で学んだから。

昨日の講座の内容は、2年間の学びの集大成の内容でした。

新しく習ったことはありません。

今まで、断片的に学んできて、私の頭の中ではバラバラで、結びつきや関わりがあいまいだったことが全てつながり、整理することができました。

安部塾での学びは、範囲が広く、全体像が見えるまで、私には時間がかかりました。

しばらくは、全く理解することができませんでした。

特に、講義中は、ほとんどの時間寝ていました。(寝るなら、来なければいいのに、やる気だけはあるのです)

最初は、わからなくてもいいと思っていました。私は、身体を変えたいだけだから、理屈はわからなくていいと思っていたのです。

そして、わからなくていい、から、わかりたい、に変わっていったのですが、

今度は、わかりたいのに、わからないのです。先生の講義の内容は、まるで、聞いたことのない外国語を習っているかのようでした。

でも、あきらめずに続けていくと、ある時から、頭の中で学んだことがつながりだして、理解が進んでいきました。

理解が進むにつれ、私が知りたかったことの答えがわかり始めました。

・私の身体はなんで硬いのか?

・私は、なぜこの動きが苦手なのか?

・そして、それらを改善するには、どうすればいいのか?

時間をかけて、だんだんとその答えが理解できていきました。

そして、昨日は、先生の頭の中を、先生の世界の創り方を、全て見せていただいたような、渾身の内容の講座でした。

昨日の6時間の講座を私なりに一言でまとめると、

世界は、言葉でできている

ということ。

だから、望む人生を送りたければ、国語力を上げるしかないのです。

言葉を意識していくことが大切なのです。

つまり、

①自分の頭の中の考えや感じたことを言葉で整理する

②頭の中の考えや感じたことのもととなる、自分の信念を言葉にする(考え方のくせに気づく)

③望む状態を視覚イメージ(聴覚、触覚、味覚、など他の感覚も含む)できるような言葉で表す。

④望む状態に向かうための、論理的道筋を立て、整理し、実行する

私たちは、頭の中が混乱しています。

1日に5万回と言われる思考が垂れ流し状態で、整理がついていないのです。

自分の頭の中をクリアーにしていく。

自分の望む方向に、必要な思考、無駄な思考を整理する。

思い通りにいかない時や、心身の状態が悪い時は、その、もととなる信念を客観的に分析し、望む方向に修正する。


全て、言葉を使っているんです。

無意識に使っている言葉に気づき、意識的に、望む方向に向かう言葉を使っていくこと。

自分にも、周りの人にも、

わかりやすく、

順序立てて、

論理的に、

言葉を使っていく。

それが、自分や周りの人に対する思いやり。

そして、望む人生を送るために必要なこと。

自分にもみんなにも最大限に応援してもらえるように。

無意識の言葉に気づき、

言葉を意識的に使っていく




つまり、自分の世界を変えたかったら、言葉を変えればいい。

それには、日記を書いて、毎日コツコツと訓練すること。

私にとって、望む人生を送るためには、

日記を書く

ブログを書く

つまり、私の人生を構成する「言葉」に徹底的に向き合うこと。

私の世界は、言葉でできているから、

私は、言葉を変えて、私の世界をもっともっと素敵にしたい

感情と関節・筋肉のつながりについて

この講座の結論はこれ。

美しい言葉で、論理的に思考し、私は自分の夢や希望を現実にしていきたい。

たくさんの思い出を作って、人生を送りたい。


今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ワンダーカフェジャパン
舩越舞

811-3134
福岡県古賀市青柳2672
fmai6099@gmail.com