日刊 舞マガジン〜世界の素晴らしいところをかぞえよう〜

福岡県古賀市の自宅で、生命保険・料理教室・身体の教室をしています。このブログを読んだ方が、世界のすばらしいところを数えるきっかけになれればうれしいです。私の家に遊びに来てくださいね。一緒に学びましょう。

2015年10月

【幸せは腸から?(手作り酵素教室福岡発酵倶楽部)】

こんばんは。ワンダーカフェジャパンの舩越舞です。

だんだん寒くなってきましたね~。私は寒い冬も大好きです。うちにいるのが嬉しい季節。

さて、最近の私は、本をたくさん読んでいます。

なぜかというと、解剖学の面白さに気づいたのがきっかけで、勉強熱にスイッチが入ったのです。

解剖学の次は、細胞生物学。これも、読んだ次の日たまたま安部先生ご紹介したくれたり。

知りたいことを勉強するって、本当に楽しくて、

スマホ片手にわからないことを調べながら、

図書館でたくさん本を借りてきて、

難しいところは、他の本の助けを借りながら、

へ~、

とか、

ほ~!

とか1人で言いながら読んでます笑

なんでも、基本をしっかり学ぶと、理解が深まるし、いろんなことが繋がったとき、いきなり全体が見えたりする。

ということで、最近の発酵教室では私の最新アップロードの

発酵の話

食の話

身体と心と食の関係

とか。

面白い話をできると思っています。よかった遊びに来てくださいね。

ところで、今日は、

幸せは、腸から

というお話です。

幸せホルモン セロトニン、って聞いたことがありますか?

脳が幸せを感じるホルモン、セロトニン。

これは、なんと、95%が腸で作られているのです!

だから、幸せのもとは、元気な腸ありき。

セロトニンは、たんぱく質から摂取されます。だから、しっかりたんぱく質を摂ることは幸せのためにも必要なんです。

しかし、セロトニンを脳に送るためには、

腸内細菌の力でアミノ酸を分解しないといけないのです。

楽しく手作り酵素や発酵食品を作って、腸内細菌を元気にすることが幸せに繋がるんですよ~。

今後は、皆様にお役に立てる情報をたくさん発信していきますね。お楽しみに~。

では、また、お会いしましょうね!いつも、最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

{972ABBE1-FC27-434B-94C5-29CC4842C9D6:01}

日曜日に行った、オクトーバーフェストの写真。中学時代の同級生と。来年は、みんなで友達が住むハワイに行こうねと話しています。

快適カラダ塾も、日々進化しながら、定期レッスン開催中。スケジュール。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/mai6099/entry-12029544978.html


WONDER CAFE JAPAN 舩越 舞

811-3134
福岡県古賀市青柳2672
090-7151-6099
fmai6099@gmail.com



【文理シェフの料理教室、魚スペシャル(手作り酵素教室福岡発酵倶楽部)】

こんばんは。ワンダーカフェの舩越舞です。

今日は、文理シェフの料理教室。

魚スペシャルでした。

魚のさばき方。

焼き方。(フライパン、オーブン)

煮付け。

味噌汁。

揚げ。

なめろう。

洋風、和風、中華風の色んなアレンジ。

8品も作りました!

{D34209E6-9C22-4A80-9054-773DCBD8A556:01}

まずは講義から。なんでみんな魚料理が苦手なのか?意見を出してもらいました。

今日の授業で、苦手克服できるかな?(私も魚料理苦手です)

{6BBE3F5E-5469-473E-BF27-EC2E16951ABD:01}

まずは豆アジをさばきます。

{4810A2CD-6726-4808-B604-0CFA2457056E:01}

タイはお味噌汁に。

{CC5751C5-08CD-4D13-8417-796D8404577A:01}

骨も焼いてから揚げます。骨せんべいに。

{285F3BDA-FE86-46BE-BD08-7A8DC067994E:01}

前日から漬け込んで、幽庵焼き。

{2E5F7DDD-E1E0-4FEC-9747-F039344D2D27:01}

この鮭は、なんと、ペペロンチーノに!

{0703A2E8-7B3D-4D72-893D-A5C7E6E11538:01}

キノコがペペロンチーノになってます。斬新でしょ?すごく美味しかったです。

{9E098526-9714-4E1E-AEA6-B3C4190E9CF5:01}

豆アジは、中華風に油淋鶏に。骨せんべいを添えて。

{4300C141-5D40-427A-A6B6-AA9F8657D68C:01}

鯖の煮付けも、おしゃれな盛り付けでしょ?

{969BF1FA-EC90-4FCB-9395-0F04910DB51F:01}

皆さんの、魚への苦手が少なくなるといいな。私も練習しないと。

いつも笑顔の絶えない料理教室です。

今日の様子をよかったら動画でどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


いつもお読みいただき、ありがとうございます


【安部塾まつり2015(福岡薬院古賀快適身体塾)】

こんばんは。ワンダーカフェの舩越舞です。

昨日は、私が学ぶ、身体の学校安部塾で、安部塾まつりを開催しました。

私は、紅茶と酵素のお店をしました。

{A0ED8DAC-9046-4358-A802-DA8C84C65BE9:01}

{2E1BA4C1-C815-4696-B846-C94F0DEFE7CF:01}

{B57ACD3F-73AB-4ED8-A740-5DC95B9E10F8:01}

酵素ドリンク、人気でした!

安部塾の塾長、安部吉孝先生をはじめ、安部インストラクターのレッスンが1日ありました。

{901F0E2E-7898-4A32-97EF-2CA9F13501E1:01}

{54CEA4B0-6B65-42E7-BB71-DD583FBBD352:01}

{517E1F78-BBC8-4700-B7CB-8D4AE82DD290:01}


私も、身体の硬い人のためのレッスンを担当。

{BD37EC90-7FC1-4CCF-ADDE-057E3D059925:01}

{6AFB9C79-09CD-496C-8478-975EDC396457:01}

打ち上げでの一コマ。

この日のために、みんなでお揃いのTシャツも作り、スタッフで準備を進めてきました。

皆さんの楽しそうな笑顔が見れて、嬉しかったです。

安部塾まつりの動画を作りました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

安部塾に入ってちょうど1年目。毎日が嬉しい気づきと変化の連続です。

これからも、安部塾で学びを深めていきたいと思います。

来てくださったお客様、塾生の皆様、そして、塾長の安部先生、ありがとうございました。

{9A812B14-7E78-44B7-A051-59199EA067B2:01}


いつもお読みいただき、ありがとうございます


【無意識と意識の統合】

私が、安部塾で学んでいること、そして、練習していることは、

「無意識と意識の統合」

につながる。

「思考が現実化する」

のではない、

「無意識が現実化する」

のである。

身体感覚を高めることで、イメージと実際の動きにずれがなくなるように訓練するのである。

安部先生のそんなお話。私がずっと知りたかったこと。

だから、わたしは今日もコツコツ練習する。解剖図を片手に、人体模型とにらめっこしながら、身体を丁寧に動かす。

安部先生の元で、変化が始めてから1年。

毎日が驚きと発見の連続である。

私と同じ感動を味わいに来てください!きっと、心と身体が喜びますよ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

{BB92A39F-AE24-43A1-AC05-AB87143A0B3C:01}

今日の安部塾指導者養成クラスの様子。


{D9D3D4F9-FFB7-49D6-A945-EC36D15F7EF9:01}

安部塾のTシャツができました!






いつもお読みいただき、ありがとうございます


【舞ちゃんねる生放送もやってます!(福岡薬院古賀身体の学校安部塾)】

こんばんは。ワンダーカフェの舩越舞です。

去年からやろうとお祭り思っていた動画配信、なんとか今日で3回目の放送を終えることができました。

これも、安部先生のお力があってこそです。

機器のセッティングに手間取り、Ustreamの使い方に戸惑いながらも、今日も生放送を終えることができました。

安部先生との対談動画をYouTubeにアップしています。

第1回 心と身体の不思議な関係
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第2回 壊れた脳とその修復について
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第3回  自分をさらけ出せば世界が変わる
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

私が知りたかったこと、たくさんお話ししていただきましたよ。

私は、これが聞きたくて、安部先生に会いに行きました。対談できる日が来るなんて、感無量です。

たっぷりのボリューム、毒舌注意の動画なので、閲覧注意です笑

よかったらどうぞ。

今日はなんと、50名の方が生放送見てくれたんです。嬉しかったです。

そして、10/11日曜日の安部塾まつりでも、13時より、塾生のじゅんじゅんが安部先生にインタビュー!

その様子を、録画して配信いたします。お楽しみに。

安部塾まつりの詳細は、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつもお読みいただき、ありがとうございます




↑このページのトップヘ